商品情報にスキップ
1 17

ARABIA

ARABIA アリ(Ali)コーヒーカップ・トリオ

ARABIA アリ(Ali)コーヒーカップ・トリオ

通常価格 ¥6,000
通常価格 セール価格 ¥6,000
¥-6,000 OFF
セール 売り切れ
税込み。 1万円以上のご注文で送料無料

在庫数:5個

フィンランドを代表する食器メーカーARABIAのアリのコーヒーカップ、ソーサー、ケーキ皿のトリオです。コーヒーカップはエスプレッソカップほどの小ぶりなものとなります。

アリシリーズは1961年から1973年の間に制作されました。ARABIA社の名コンビであったカイ・フランクとライヤ・ウオシッキネンの両デザイナーによって世に送り出されました。アリは20世紀のARABIA製品のなかで最後の銅版転写の作品となっています。銅版転写とはシルクスクリーン印刷の一種で、パターンデザインを施した銅版にコバルトを原料としたインクを乗せ、転写紙を無地の陶器にブラシで刷り付けて定着させ、薄い透明の釉薬を塗り重ねて再焼成する、という工程を重ねるものです。転写の力加減で色の濃淡やムラなどの個体差が生じます。転写の力加減で色の濃淡やムラなどの個体差が生じます。均一でムラのない転写紙の貼り付けに比べると濃淡差に個性や味わいが生まれ、職人の腕前も如実に現れます。

こうした作業は大変手間がかかるためアリは1973年の石油危機の際に生産を終了しています。この時期は名作パラティッシの生産も終了するなど、それまでの主要なラインナップが軒並み生産終了に追い込まれる深刻な時期でした。加えて安価な陶器が台頭するようになった1980年代はARABIA製品もプリメイドの転写紙をそのまま貼り付けたり、シンプルなハンドペイントで装飾を施すなど工程を省略しコスト減を図った器が多く生み出されました。80年代以降の作品はそれまでの黄金期の作品に比較すると装飾が極端にシンプルであり、手間暇にコストを割くことが出来なかった苦しい時代を感じさせます。時代背景を考えるとアリはARABIA黄金期の最後の作品といえます。この機会にぜひご覧ください。

■詳細
メーカー:ARABIA / アラビア
フォルムデザイン:Kaj Franck / カイ・フランク
パターンデザイン:Raija Uosikkinen / ライヤ・ウオシッキネン
年代:1961〜1973年
生産国:フィンランド
コンディション:★★★★★(5:完品)
本品は複数在庫品となります。使用歴のないデッドストック品となります。個別のコンディションをご確認の場合はチャットまたはメールにてお問い合わせください。

■カイ・フランクについて

カイ・フランク(Kaj Franck,1911〜1989年)

ロシア領ヴィボルグの生まれ。1945年にアラビア社の製造部門責任者となる。また同年。フィンランドの最高峰の芸術大学であるアールト大学芸術学部の教授にも就任している。2011年には生誕100周年を記念し記念硬貨が発行されている。

■ライヤ・ウオシッキネンについて

Raija Uosikkinen

ライヤ・ウオシッキネン(Raija Uosikkinen,1923〜2004年)

フィンランド南部の町ホロランの出身。1947年にアールト大学芸術学部を卒業しアラビアに入社する。1986年までの40年に渡ってアラビア社の専属デザイナーとして勤務し、Emilia(エミリア)シリーズやKalevala(カレワラ)イヤープレートのデザインを担当している。カイ・フランクとの共作をおこなうことも多く、基本的にカイ・フランクが商品のフォルムを、ウオシッキネンが装飾デザインを提供することが多かった。

ライヤ・ウオシッキネンは1986年に定年でARABIA社を退いた後も、会社のすぐ隣の家に住み続けて同社の現役デザイナーやアールト大学の学生たちを快く自宅に招いて、気さくにもてなしながらも後進の指導にあたったという。代表作のエミリアシリーズは遠い米国の暮らしへの憧れを表していたと言われている。第二次大戦後のフィンランドは貧しい時代の連続で決して豊かな国ではなく、貧しく苦しい時代の豊かさへの憧れが名作が生み出された背景にある。

サイズ
詳細を表示する