商品情報にスキップ
1 16

Jie Gantofta

ジイ・ガントフタ(Jie Gantofta)ターコイズブルーのピッチャー

ジイ・ガントフタ(Jie Gantofta)ターコイズブルーのピッチャー

通常価格 ¥9,000
通常価格 セール価格 ¥9,000
¥-9,000 OFF
セール 売り切れ
税込み。 1万円以上のご注文で送料無料

在庫数:1個

サイズ

スウェーデンの名窯ジイ・ガントフタの三本足のピッチャーです。ガントフタは陶板で有名なメーカーですが、20世紀中葉には什器も小ロット製造していました。プレートやスパイスジャーなどが定番ですが、こちらは珍しい半分素焼きの水差しです。半分より下はむき出しの陶土で上部と取手の一部にターコイズブルーの釉薬がかかっています。鼎(かなえ)状の作りで、全体にずんぐりとした呪術道具のような印象も受けます。本体の重さがちょうど1キロあり満水時の容量は800ml程度です。片手で持てるようにデザインされたものですが、水を多めに入れると多少取り扱いに力が必要だと思います。

デザイナーはガントフタ社で什器のデザインを担っていたアニタ・ニールンドという人物です。こちらのピッチャーは60年代後半頃にデザインされたものではないかと思います古い時代のガントフタの刻印は曲線を交えた台形で、陶板の四角形のサインとは異なるのも特徴です。アニタ・ニールンドはスウェーデンを代表する陶芸家のグンナー・ニールンドの娘で、リサ・ラーソンと同い年のデザイナーです。デザインに民族的な柄を用いたJanssons frestelse(ヤンソン氏の誘惑)シリーズで知られています。

全体的にゴツゴツとした粘土の質感がむき出しの荒々しい作りですが、チョコレート色の陶土にターコイズブルーの釉薬がよく冴えており、優れた色彩感覚によってつくられた器です。ガントフタ窯は多彩な色彩の陶板で製造していますが、釉薬の表現を得意としたメーカーであったことがよくわかります。

■詳細
メーカー:Jie Gantofta/ ジイ・ガントフタ
デザイナー:Anita Nylund / アニタ・ニールンド
年代:1960年代(推定)
生産国:スウェーデン
コンディション:★★★★★(5:完品)
水色の釉薬に貫入が見られます。貫入とは製造時の焼成時に釉薬面に走るヒビで、本体そのもののダメージではありません。製造工程によって生じてメーカーの検品を通過したものとなります。製造時の姿をそのまま留めた良好な状態です。

詳細を表示する