商品情報にスキップ
1 16

北欧食器Tacksamycket

Gustavsberg(グスタフスベリ)Pynta(ピンタ)ピッチャー

Gustavsberg(グスタフスベリ)Pynta(ピンタ)ピッチャー

通常価格 ¥10,000
通常価格 ¥18,000 セール価格 ¥10,000
セール 売り切れ
税込み。 1万円以上のご注文で送料無料

グスタフスベリのピンタシリーズのピッチャーです。

【商品紹介】
スティグ・リンドベリ(Stig Lindberg) が1962年にデザインしたピンタ(Pynta)シリーズの作品の一つです。ピンタとは「装飾」や「飾り付け」を意味するスウェーデン語です。カラフルな道具や食器などが全体に描かれています。

【コンディション】★★☆☆☆(2.5:ペイントに薄れ)
全体的にペイントが薄くなっています。本体底部の縁に茶色い染みが見られます。また注ぎ口のところに薄い凹みが見られます。経年による劣化を考慮した評価となっています。

【アーティスト】スティグ・リンドベリ

【サイズ】
高さ:12cm
直径:15cm

【製造】Gustavsberg(グスタフスベリ)

【年代】1962〜1965年

【スティグ・リンドベリについて】【生産国】スウェーデン

スティグ・リンドベリ(Stig Lindberg,1916〜1982年)

リンドベリは北部スウェーデンの中心都市ウーメオー(Umeå)の生まれで、ストックホルムの美術大学コンストファック(Konstfack)で絵画を学んでいます。1937年にグスタフスベリ社に入社し、師であるウィルヘルム・コーゲの薫陶を受け、12年後の1949年にはコーゲの跡を継いで同社のアートディレクターとなりました。以降、リンドベリは20世紀中葉のスウェーデンのモダニズムの旗手として数々の作品を発表していきます。リンドベリが活躍した時代のグスタフスベリ工房は全盛期を迎え、今でも当時の作品は「ミッドセンチュリー」と呼ばれる黄金期の作として認知され、高い価値を持っています。リンドベリの工房はG-Studion(Gスタジオ)と呼ばれ、若手の絵付け師たちが大いに腕をふるいました。リンドベリは1980年に引退し、隠居先のイタリアでも工房を開きますがその2年後に現地で死去しています。

 

星★を用いたコンディションの評価の詳細については下記をご覧ください。

〈コンディション評価について〉


詳細を表示する