商品情報にスキップ
1 22

Gustavsberg

グスタフスベリ ベルサ(Bersa)ヴィンテージ 円筒形ボウル 12.5cm

グスタフスベリ ベルサ(Bersa)ヴィンテージ 円筒形ボウル 12.5cm

通常価格 ¥10,500
通常価格 セール価格 ¥10,500
¥-10,500 OFF
セール 売り切れ
税込み。 1万円以上のご注文で送料無料

在庫数:1個

サイズ

スウェーデンの老舗食器メーカー、グスタフスベリの定番Bersåのボウルです。デザイナーはスウェーデンを代表するミッドセンチュリーの巨匠スティグ・リンドベリ(Stig Lindberg) です。リンドベリは1961年にこちらの葉っぱ柄のデザインを創作しました。Berså(ベショー、ベルショー)とは近年ではスウェーデン語ではあまり使用されない言葉ですが、東屋(あずまや)の意味で、公園の一隅などで一休みするために設けられたスペースのことです。

北欧は一年の半分が冬といっても過言ではない地域です。寒さが厳しいだけでなく、冬場の日照時間は4、5時間程度しかありません。北欧食器の特徴はそのような冬の日であっても温かみが感じられるデザインに溢れている点です。ベルサの青々とした緑は、食卓に新緑の彩りと爽やかな風をもたらす不思議な魅力を持っています。

ベルサシリーズには復刻版もありますが色がヴィンテージに比べて浅い緑色で葉っぱの形も均一です。ヴィンテージの特徴は緑色の鮮やかさとバックスタンプの美しさです。また円筒形のボウルはヴィンテージでしか入手できず、復刻版はお椀型のみとなっています。また復刻版は外側に装飾はなく内側にのみ葉っぱ柄が描かれており、バックスタンプも同社の錨のマークとなっており、ベルサのオリジナルのバックスタンプはなくなっています。

■詳細
メーカー:Gustavsberg / グスタフスベリ
シリーズ:Berså / ベルサ
デザイナー:Stig Lindberg / スティグ・リンドベリ
年代:1961年〜1974年
生産国:スウェーデン
コンディション:★★★★☆(4:美品)
側面に細かいペイントロスが見られますが、緑色の発色が優れており、割れ欠け貫入がない美品のコンディションです。

■スティグ・リンドベリについて

スティグ・リンドベリ(Stig Lindberg,1916〜1982年)

リンドベリは北部スウェーデンの中心都市ウーメオー(Umeå)の生まれで、ストックホルムの美術大学コンストファック(Konstfack)で絵画を学んでいます。1937年にグスタフスベリ社に入社し、師であるウィルヘルム・コーゲの薫陶を受け、12年後の1949年にはコーゲの跡を継いで同社のアートディレクターとなりました。以降、リンドベリは20世紀中葉のスウェーデンのモダニズムの旗手として数々の作品を発表していきます。リンドベリが活躍した時代のグスタフスベリ工房は全盛期を迎え、今でも当時の作品は「ミッドセンチュリー」と呼ばれる黄金期の作として認知され、高い価値を持っています。リンドベリの工房はG-Studion(Gスタジオ)と呼ばれ、若手の絵付け師たちが大いに腕をふるいました。リンドベリは1980年に引退し、隠居先のイタリアでも工房を開きますがその2年後に現地で死去しています。

詳細を表示する