商品情報にスキップ
1 23

ARABIA

ARABIA バレンシア(Valencia)特大36cmプレート

ARABIA バレンシア(Valencia)特大36cmプレート

通常価格 ¥25,000
通常価格 セール価格 ¥25,000
¥-25,000 OFF
セール 売り切れ
税込み。 1万円以上のご注文で送料無料

在庫数:1個

サイズ

ARABIA社の代名詞的なハンドペイント食器バレンシアのプレートです。バレンシアシリーズでは19.5cm、26cmサイズのプレートがありますが、こちらは一番大きな36cmサイズとなります。極めて大きなもので重さは1.8kgあります。サービングプレートとしても大人数用に役立つと思いますが床の間の飾りのような存在感があります。

シリーズ名のバレンシアとはスペイン南東部の港町の名前で、濃いコバルトブルーの青色が地中海の鈍色の海と強い太陽の日差しを表現しています。デザイナーのウラ・プロコッペは1961年にバレンシアをデザインし、ARABIA製品のなかで最もアンティークファンが多い不朽の名作となりました。プロコッペはロングラン製品のルスカ(Ruska)や希少性の高いフローラ(Flora)のデザインも担当しています。彼女は1968年に47歳の若さで病気で亡くなりますが、療養先はスペインのカナリア諸島であり、プロコッペが終生にわたりスペインの海辺を愛していたことが伝わります。バレンシアは彼女の死後、他のシリーズと同様にロングラン生産がされ、2002年まで40年以上に渡ってフィンランド国内で製造されました。その後は復刻がされておらず、現在入手可能なものはヴィンテージ市場に出回っているもののみとなります。

なお、こちらは背面のハンドサインが手書きのため1960〜70年代頃に制作されたものです。バレンシアは80年代以降に一時生産が中止し復活していますが、復活後は活字のスタンプでARABIAと刻印がされており、手書きのサインが描かれているものがヴィンテージの中で最も古いものとなります。UPとはウラ・プロコッペのイニシャルサインであり、絵付師のイニシャルがスラッシュで区切られてサインされています。

■詳細
メーカー:ARABIA / アラビア
デザイナー:Ulla Procope / ウラ・プロコッペ
年代:1961年〜1970年代(推定)
生産国:フィンランド
コンディション:★★★★☆(4.5:極美品)
表面は光に透かすと保存状ついた僅かなスレ、背面の立ち上がりの部分にはペイント飛びが一箇所見られますが、食器としての使用歴はなくオリジナルの姿を留めた極めて状態の良いデッドストック品です。

■ウラ・プロコッペについて

Ulla Procope

ウラ・プロコッペUlla Procope,1921〜1968年)

ヘルシンキ生まれ。1948年にヘルシンキのアールト大学芸術デザイン学部を卒業してアラビア社に入社する。以後20年に渡って制作部門でデザインを担当し、1960年にルスカ(Ruska)シリーズ、1961年にバレンシア(Valencia)シリーズを生み出す。ルスカはアラビア社製品の中で最もロングランかつ販売数が多い看板商品となる。バレンシアシリーズはアラビア社製品で最後のハンドペイント商品となっている。プロコッペはガンを患い現役を退いてからはスペインのカナリア諸島に移住し47歳のとき現地で死去している。

詳細を表示する