商品情報にスキップ
1 18

グスタフスベリ

リサ・ラーソン(Lisa Larson)UNIKシリーズ陶板 象(Elefant)

リサ・ラーソン(Lisa Larson)UNIKシリーズ陶板 象(Elefant)

通常価格 ¥35,000
通常価格 セール価格 ¥35,000
セール 売り切れ
税込み。 1万円以上のご注文で送料無料

■商品説明
リサ・ラーソンが1967年から猫、鳥、馬などを含んだ9種類のUNIKシリーズをデザインしました。これはそのうち象を描いた陶板です。従者と後ろに控える王族が描かれています。UNIKシリーズはロングラン生産されたため、時代によって色調にかなり違いがあります。基本的には後年になるほど色が明るく変化していきますが、こちらの陶板は暗褐色の釉薬が使われているため、比較的初期の60〜70年代にかけて製造されたものであると考えられます。

■詳細
メーカー:Gustavsberg / グスタフスベリ
デザイナー:Lisa Larson / リサ・ラーソン
シリーズ名:UNIK / ユニーク
年代:1967〜1970年代(推定)
コンディション:★★★★☆(4.5:極美品)
背面には経年のくすみが見られますが、表面には割れ欠け等なくツヤのあるコンディションです。

■サイズ 縦22.5cm 横22.5cm

■リサ・ラーソンについて

リサ・ラーソン(Lisa Larson,1931年〜 )

スウェーデン南部スモーランド地方にあるクロノベリ(Kronoberg)郡のエルムフルト(Älmhult)地区にある人口500人ほどのハールンダ(Härlunda)という村の生まれ。幼い頃は服飾デザイナーを志すが、ヨーテボリ芸術大学に入学した後は陶芸を学ぶ。ある時コンペでスティグ・リンドベリに見い出されたことがきっかけとなり、1年間の試用期間を経て、グスタフスベリ(Gustavsberg)社のデザイナーとして正式に入社する。直後の1955年にはLilla zooシリーズを発表し、1964年にはライオン像で有名なAfrikaシリーズを考案している。

リサ・ラーソンはグスタフスベリに留まらず、ホガネス(Höganäs)社や国内小売大手のオーリエンス(Åhléns)社、ドイツの陶器メーカーのローゼンタール(Rosenthal)社にもデザインを提供している。1979年にグスタフスベリを退社した後は、専属ではなく企業と随意契約をするフリーランス芸術家という立ち位置で、自由に創作活動を続けながら各方面で活躍していく。1979年と1981年には東京の西武百貨店で個展を開催しており、81年の個展には述べ7万人が来場したと言われる。

星★を用いたコンディションの評価の詳細については下記をご覧ください。

〈コンディション評価について〉

詳細を表示する