商品情報にスキップ
1 15

グスタフスベリ

リサ・ラーソン(Lisa Larson)灯台 キャンドルスタンド

リサ・ラーソン(Lisa Larson)灯台 キャンドルスタンド

通常価格 ¥24,000
通常価格 セール価格 ¥24,000
セール 売り切れ
税込み。 1万円以上のご注文で送料無料

■商品説明
リサ・ラーソンが1992年にグスタフスベリ(Gustavsberg)社に構えた社内工房であるKeramik Studion(K-Studion)で制作した灯台(Fyr)のキャンドルスタンドです。リサ・ラーソンは1979年にグスタフスベリ社を退社してフリーランスとして活動しますが、自らの創作活動に専念できる環境を用意されるという高待遇で再び同社に迎え入れられました。すでに世界的なアーティストとなっていたリサ・ラーソン作品が、技術的にも高いレベルで制作されたものとなります。

高さは19cmと比較的背の高い置物で、頂点には排熱と吸気用の空気穴が空いています。ティーライトキャンドルを内部に入れると夜間のインテリアとして最高の雰囲気を作り出します。


■詳細
メーカー:Keramik Studion Gustavsberg  / グスタフスベリKスタジオ
デザイナー:Lisa Larson / リサ・ラーソン
作品名:Fyr / 灯台
年代:1990年代
生産国:スウェーデン
コンディション:★★★★★(5:完品)
キャンドルスタンドとして使用されていないデッドストック品です。割れ欠け等なく、極めて状態の良いコンディションです。

■サイズ:高さ19cm 直径9cm

■リサ・ラーソンについて

リサ・ラーソン(Lisa Larson,1931年〜 )

スウェーデン南部スモーランド地方にあるクロノベリ(Kronoberg)郡のエルムフルト(Älmhult)地区にある人口500人ほどのハールンダ(Härlunda)という村の生まれ。幼い頃は服飾デザイナーを志すが、ヨーテボリ芸術大学に入学した後は陶芸を学ぶ。ある時コンペでスティグ・リンドベリに見い出されたことがきっかけとなり、1年間の試用期間を経て、グスタフスベリ(Gustavsberg)社のデザイナーとして正式に入社する。直後の1955年にはLilla zooシリーズを発表し、1964年にはライオン像で有名なAfrikaシリーズを考案している。

リサ・ラーソンはグスタフスベリに留まらず、ホガネス(Höganäs)社や国内小売大手のオーリエンス(Åhléns)社、ドイツの陶器メーカーのローゼンタール(Rosenthal)社にもデザインを提供している。1979年にグスタフスベリを退社した後は、専属ではなく企業と随意契約をするフリーランス芸術家という立ち位置で、自由に創作活動を続けながら各方面で活躍していく。1979年と1981年には東京の西武百貨店で個展を開催しており、81年の個展には述べ7万人が来場したと言われる。

星★を用いたコンディションの評価の詳細については下記をご覧ください。

〈コンディション評価について〉

詳細を表示する