商品情報にスキップ
1 1

Gustavsberg

グスタフスベリ テルマ(Terma)両手鍋

グスタフスベリ テルマ(Terma)両手鍋

セール 売り切れ
税込み。 1万円以上のご注文で送料無料

■商品紹介
1950年代のスウェーデンで「直火で使える陶器」をコンセプトに開発された同国のグスタフスベリ社のテルマ・シリーズです。テルマはコーヒーポットやティーポットがありますが、こちらは両手鍋となります。キッチンで料理を作るための調理機器として、また食卓に運べばそのままサービングが可能な食器として開発されました。現代の時短道具の先駆けともいえる、スウェーデンのポストモダニズムの発明品です。土鍋としての煮炊きにも向いていますが、野菜入れとしてじゃがいもなどを保存する容器にも向いています。エンブレムの周りにある”FLAMELDFAST”は「耐熱性」の意味です。

■詳細
メーカー:Gustavsberg /グスタフスベリ
デザイナー:Stig Lindberg /スティグ・リンドベリ
シリーズ名:Terma /テルマ
年代:1955〜1979年
コンディション:★★★☆☆3(並品)
底部に電熱線による使用跡があります。割れ欠け等なく使用上の問題はありませんが、家庭で通常に使われた使用感が見られます。

■スティグ・リンドベリについて

スティグ・リンドベリ(Stig Lindberg,1916〜1982年)

リンドベリは北部スウェーデンの中心都市ウーメオー(Umeå)の生まれで、ストックホルムの美術大学コンストファック(Konstfack)で絵画を学んでいます。1937年にグスタフスベリ社に入社し、師であるウィルヘルム・コーゲの薫陶を受け、12年後の1949年にはコーゲの跡を継いで同社のアートディレクターとなりました。以降、リンドベリは20世紀中葉のスウェーデンのモダニズムの旗手として数々の作品を発表していきます。リンドベリが活躍した時代のグスタフスベリ工房は全盛期を迎え、今でも当時の作品は「ミッドセンチュリー」と呼ばれる黄金期の作として認知され、高い価値を持っています。リンドベリの工房はG-Studion(Gスタジオ)と呼ばれ、若手の絵付け師たちが大いに腕をふるいました。リンドベリは1980年に引退し、隠居先のイタリアでも工房を開きますがその2年後に現地で死去しています。

ご利用できるお支払い方法

  • 各種クレジットカード
  • Apple pay、Google Pay、Paypal
  • スマホ決済(QRコード)
  • コンビニ決済

お支払い方法の詳細についてはこちらのページをご覧ください。

発送日の翌日到着

当店の発送地は滋賀県です。北海道・沖縄県・離島・東北の一部を除く国内エリアは発送通知の翌日に到着します(天候不良等の場合を除く)。

ヴィンテージの評価について

星★を用いたコンディションの評価の詳細については下記をご覧ください。

〈コンディション評価について〉

商品のサイズ感について

商品写真はコンディションがよく分かるように接写しています。そのため実際の商品は小さく感じられる場合があります。木のスプーンは商品の付属物ではなくサイズ比較用で、長さは13cmとなります。

送料について

送料は一律900円(10,000円以上のお買い物で送料無料)です。
※北海道・沖縄は送料1,400円(13,000円以上のお買い物で送料無料)となります。

International Shipping

We are offering international shipping to over 100 locations. Enjoy free shipping when you spend 100,000 JPY or more.

詳細を表示する