Skip to product information
1 of 26

ARABIA

ARABIA(アラビア)ヴァルム(Valum)ティーカップ&ソーサー

ARABIA(アラビア)ヴァルム(Valum)ティーカップ&ソーサー

Regular price ¥14,500
Regular price Sale price ¥14,500
Sale Sold out
Tax included. Shipping calculated at checkout.

■商品紹介
フィンランドを代表する食器メーカーARABIAがミッドセンチュリーに製造した幻のアイテムです。Valumシリーズはコーヒーカップがまれにヴィンテージ市場に出ますが、ティーカップは本国フィンランドを含めて流通することがない幻のアイテムとなっています。

ARABIAで製造された食器は70年代初頭まで、製造年と製造月が刻印されていました。こちらはソーサーの背面に9−67(1967年9月)という刻印が打たれており、いわゆるミッドセンチュリーと呼ばれる黄金期の作品であることがわかります。フォルムデザインはバレンシアで有名なウラ・プロコッペが、装飾を担当したパターンデザイナーはクロッカスで著名なエステリ・トムラが担当しています。カップにはポピーやひなげしの花が描かれており、後年発表された二人の共作フローラ(Flora)のプロトタイプ的なモデルとなっています。

■詳細
メーカー:ARABIA / アラビア
フォルムデザイン:Ulla Procope / ウラ・プロコッペ
パターンデザイン:Esteri Tomula / エステリ・トムラ

シリーズ名:Valum / ヴァルム
生産年月:1967年9月
生産国:フィンランド
コンディション:★★★★☆(4:美品)
高台に経年のくすみが薄く見られます。ソーサーの中央にはカトラリー跡がありますが、割れ欠け等なくツヤのある美品のコンディションです。ソーサーの裏縁には製造時の支柱跡が見られます。

■サイズ カップ直径10.1cm カップ高さ5.6cm ソーサー直径14.1cm

■ウラ・プロコッペについて

Ulla Procope

ウラ・プロコッペUlla Procope,1921〜1968年)

ヘルシンキ生まれ。1948年にヘルシンキのアールト大学芸術デザイン学部を卒業してアラビア社に入社する。以後20年に渡って制作部門でデザインを担当し、1960年にルスカ(Ruska)シリーズ、1961年にバレンシア(Valencia)シリーズを生み出す。ルスカはアラビア社製品の中で最もロングランかつ販売数が多い看板商品となる。バレンシアシリーズはアラビア社製品で最後のハンドペイント商品となっている。プロコッペはガンを患い現役を退いてからはスペインのカナリア諸島に移住し47歳のとき現地で死去している。

■エステリ・トムラについて


エステリ・トムラ(Esteri Tomura,1920〜1998年)

ヘルシンキの生まれ。大学教授だった父親がヘルシンキ北西部のウルヤラン(Urjalan)という田舎に別荘を購入し、幼少時代は毎年夏になると家族と自然豊かな別荘地で過ごしたことが彼女の自然への造詣を深めたとされる。エステリ・トムラは先天性の小人病の疾患があり、ヘルシンキのアールト芸術大学ではじめは陶芸を専攻するが体力的・身体的な理由から満足に土を扱うことが出来なかった。そのため陶芸の道を諦めてデザインに自らの専門性を求めていく。ARABIAに入社後は終生の友となったライヤ・ウオシッキネンとともにパターンデザイナーとしての腕を磨いていく。ウオシッキネンは抽象的で幾何学的模様を好んだが、トムラは幼少期の原風景であったフィンランドの草花に自らの意匠の原点を求めている。身体的なハンディキャップをものともせず名作を生み出したトムラは、小児麻痺を患いながらも不朽の名作パラティッシをデザインしたビルガー・カイピアイネンとも相通じる面がある。

星★を用いたコンディションの評価の詳細については下記をご覧ください。

〈コンディション評価について〉

View full details