商品情報にスキップ
1 26

ARABIA

【ヴィンテージ】ARABIA パラティッシ(Paratiisi)ティーカップ&ソーサー

【ヴィンテージ】ARABIA パラティッシ(Paratiisi)ティーカップ&ソーサー

通常価格 ¥12,000
通常価格 ¥14,000 セール価格 ¥12,000
¥2,000 OFF
セール 売り切れ
税込み。 1万円以上のご注文で送料無料

在庫数:1個

1971年から1974年までの間に製造されたARABIA社の名器パラティッシのティーカップ&ソーサーです。Paratiisi(パラティッシ)とはフィンランド語で「楽園」の意味です。同社の代表的なデザイナーであったビルガー・カイピアイネンがデザインし、1969年に発売されました。パラティッシは制作に手間がかかるため1974年には一旦生産が中止しています。

パラティッシのロゴは、1969年のヴィオラ(パンジー)ロゴに始まり、1971年の後半ごろに製造されたヴィオラの部分をARABIAのマークを入れ換えた葉っぱロゴ、1988年の復刻版で円形の英語ロゴに再入れ換えした王冠ロゴ、88年ロゴの色を抜いた現代版の白黒ロゴの4種類があります。88年の王冠ロゴまではフィンランド産となりますが、現代版はすべてタイ産となっています。

こちらはARABIAの最盛期に製造された1971〜1974年製造のパラティッシです。バックスタンプにフィンランド語の表記があり、ロゴの左側に羽のように葉っぱが飛び出ているのが71〜74年製の特徴です。パラティッシはその希少性からヴィオラロゴが最も高価ですが、こちらのパラティッシは60年代末の初期ロットより色ツヤが優れています。製造から一定の年数を経て技術力の高まりを見せた時期の作品となり、その出来栄えはオールドパラティッシの中で最も色鮮やかで一際美しいと思います。

ARABIAはフィンランド国内の経済不況から1980年代になると主力商品でも続々と生産を中止し、簡素な装飾を施した食器が主流になっていきます。手間暇を惜しまなかった時代は1970年代が最後と言っても過言ではありません。ミッドセンチュリーの傑作、栄光の時代の作品となります。

■詳細
メーカー:ARABIA / アラビア
デザイナー:Birger Kaipiainen / ビルガー・カイピアイネン
シリーズ名:Paratiisi / パラティッシ
年代:1971〜1974年
生産国:フィンランド
コンディション:★★★★★(5:完品)
ソーサーの表には製造時の黒点が見られ背面縁に支柱跡がありますが、使用歴のない極めて良好なミントコンディションとなります。

■ビルガー・カイピアイネンについて

Birger Kaipiainen

ビルガー・カイピアイネン(Birger Kaipiainen,1915〜1988年)

ボスニア湾沿岸のフィンランド南西部ポリ(Pori)の生まれ。フィンランドを代表するデザイナー、「デコレーターの王」と呼ばれる。若き日に家族はヘルシンキに引っ越すが、カイピアイネンは毎年夏をロシアのソルタヴァラという町でホームステイをして過ごす。そこで養われた自然感や芸術性は終生彼に影響を与えることとなる。若き日にカイピアイネンは小児麻痺を患い、その影響で生涯杖をついて歩くこととなる。片手が不自由なため自らの力でろくろを回し陶芸をすることが出来なかったが、それがかえって彼に芸術的センスを磨かせるきっかけとなったとも言われる。

カイピアイネンはフィンランドの最高峰の芸術大学であるアールト大学芸術学部を卒業し、1937年にアラビア社に就職、1954年から4年間はスウェーデンのロールストランド社にも転籍している。シンプルかつ飾らない北欧のモダンアートの全盛期において、カイピアイネンのデザインは装飾性に富み隅々まで描かれた細かい描写に特徴がある。時代の主流とは一線を画する独自の世界観を築いており、1969年にパラティッシュを、1970年にはアピア、1971年にはスンヌンタイをデザインしている。両者はいまなおアラビア社の復刻版で看板商品となっている。

 

 

サイズ
詳細を表示する