商品情報にスキップ
1 22

Gustavsberg

グスタフスベリ リネア(Linnea)24cmプレート

グスタフスベリ リネア(Linnea)24cmプレート

通常価格 ¥9,000
通常価格 ¥12,000 セール価格 ¥9,000
¥3,000 OFF
セール 売り切れ
税込み。 1万円以上のご注文で送料無料

在庫数:1個

スウェーデンの老舗食器メーカーのグスタフスベリ社が制作したリネアというシリーズのプレートです。リネアとはカール・フォン・リンネのことで、スウェーデン出身の植物分類学の祖です。ラテン語で植物の名前を属名と種小名に分けて記載する二命名法を考案した人物です。リンネをたたえて記念モデルとして製造されたプレートで、本国スウェーデンでも見かけることが珍しい希少なプレートです。同シリーズは3種類のサイズがあり、こちらは最も大きなサイズの24cmプレートとなります。背面のバックスタンプ下部にはリンネをたたえた詩が記載されています。

Deep in the Swedish forests in the shadows of dark firs, where no other flowers grow, you can find this bashful plant. Many poets have sung the simple beauty of this little flower with its sweet almond scent that you can sense far and wide during the white Swedish summer nights. To honour "The King of Flowers" Carl von Linne(1707-1778), the herb was given its name Linnea.

「他の花が育たない暗いモミの影にあるスウェーデンの森の奥深くで、この内気な花を見つけることができます。スウェーデンの延々と続く明るい夏の夜に、多くの詩人が遠くまで漂う甘いアーモンドの香りを放つ小さな花の素朴な美を歌ってきました。「花の王様」ことカール・フォン・リンネ(1707-1778)に敬意を表して、そのハーブはリンネソウと名付けられました。」

表面に描かれているのはリンネから命名されたリンネソウです。スウェーデンのミッドサマーという白夜に近い季節に、森の中でひっそりと咲く花の美しさをたたえています。

■詳細
メーカー:Gustavsberg / グスタフスベリ
デザイナー:Stig Lindberg / スティグ・リンドベリ
シリーズ名:Linnea/ リネア
生産国:スウェーデン
年代:1965〜1970年
コンディション:★★★☆☆(3:並品)
表面中央付近のペイントに若干の薄れが見られます。光に透かすとカトラリー跡が散見されます。高台部分に一箇所釉薬の下の凹みが見られます。背面縁にある凹みは製造時の支柱跡となります。割れ欠け等のダメージはなく、比較的良好なヴィンテージ品ではありますが、カトラリー跡にご留意ください。

■サイズ:直径24cm 高さ2.3cm 

■スティグ・リンドベリについて

スティグ・リンドベリ(Stig Lindberg,1916〜1982年)

リンドベリは北部スウェーデンの中心都市ウーメオー(Umeå)の生まれで、ストックホルムの美術大学コンストファック(Konstfack)で絵画を学んでいます。1937年にグスタフスベリ社に入社し、師であるウィルヘルム・コーゲの薫陶を受け、12年後の1949年にはコーゲの跡を継いで同社のアートディレクターとなりました。以降、リンドベリは20世紀中葉のスウェーデンのモダニズムの旗手として数々の作品を発表していきます。リンドベリが活躍した時代のグスタフスベリ工房は全盛期を迎え、今でも当時の作品は「ミッドセンチュリー」と呼ばれる黄金期の作として認知され、高い価値を持っています。リンドベリの工房はG-Studion(Gスタジオ)と呼ばれ、若手の絵付け師たちが大いに腕をふるいました。リンドベリは1980年に引退し、隠居先のイタリアでも工房を開きますがその2年後に現地で死去しています。

 

 

詳細を表示する